薄毛(イギリスでは頭髪タトゥーなんてものもあるそうです)対策には生活習慣の見直しが必要って、本当のことなのでしょうか? 女性の抜け毛や薄毛は悪い生活習慣が原因で起きていることも多いので、生活習慣(日常生活を送る上での習慣のことをいいます)の見直しと改善によって薄毛対策をすることができるようになるのです。 逆に言えば、生活習慣が原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)の抜け毛や薄毛に悩んでいる方が抜け毛や薄毛(いわゆるハゲのことですね)を改善するためには、生活習慣の改善が必要ということになりますね。 偏った食生活や外食ばかりの方、仕事や夜遊びで睡眠不足で生活リズム(子供は親が気をつけてあげる必要がありますね)が崩れている方。 あるいは、タバコや暴飲暴食が習慣となっている方などは、生活習慣を改善する必要があります。 特に、成長ホルモン(筋肉トレーニングや加圧トレーニングをすることでも分泌量を増やすことができるといわれています)の分泌が活発に行われる深夜22時から2時までの間に睡眠を取ることと、脂質の多い食事を避けて栄養バランスの良い食事を規則正しく取ることがとても重要です。 抜け毛や薄毛(脱毛症と呼ぶこともあります)は血行不良(自律神経の乱れや運動不足など、様々な要因が考えられます)や頭皮の過剰皮脂が原因で起きることが多いため、脂質の多い食事や血液どろどろの食事を続けていると、抜け毛や薄毛は進行してしまいます。 同じ理由で、血行不良の原因となる(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)やタバコ(南アメリカ大陸が原産地のナス科の多年草で、それを乾燥・発酵させて紙巻タバコなどの嗜好品にします)も、抜け毛や薄毛(病気ではないので、治療の際には自由診療になってしまいます)には大敵な存在なのですー